2020年01月21日

私の疲労回復法

おはようございます。


先日、ジムの仲間に

「最近、体の疲れがなかなか抜けなくて。。日下さんは疲れに対するケアを何かしていますか?」

という相談があり

そのことについて書きます。


疲れたら

たっぷり睡眠をとることと

栄養を摂ることが

大切だと思いますが


私が最近 始めた

筋肉疲労や筋肉痛をはやく回復させる

エプソムソルト浴』を

ご紹介したいと思います。


『エプソムソルト浴』とは

エプソムソルトという(塩ではありません)

硫酸マグネシウム』を

入浴剤として使用する入浴法で

15世紀ごろに

イングランドのエプソム(Epsom)

という場所で発見されたことから

その名で呼ばれるようになったようです。


そしてマグネシウムには

抗炎症作用による痛みの緩和

筋肉細胞中のカルシウム量を調節して

整える機能が備わっている
ため

エプソムソルト浴によって

皮膚から吸収されたマグネシウムが

筋肉疲労や筋肉痛などの痛みを和らげます。


そのほか

私の個人的な感想ですが

足がむくむ、よく攣る、指先が冷える、

乾燥肌による肌トラブル、安眠したい方にオススメ
です。






1回の入浴に大さじ2杯いれて

20分浸かってみてください ^_^


では最後にお待ちかねの川柳です。



疲れたら

エプソムソルトで

癒される (*´∀`*)





疲れたら

EAAと

ビタミンC ᕦ(^_^)ᕤ






疲れたら

トレ後に5g

グルタミン (^-^)v






byくさか

  続きを読む


Posted by くさか接骨院 at 10:28健康

2019年04月29日

減量中のコンディショニング

おはようございます。


先日

夏の大会に向けて減量中の方に

「減量中に疲労がたまったり、あちこちが痛くなったときはどうしてますか?」

という相談があり

そのことについて書きます。


減量中は

摂取カロリーを減らし

運動量を増やすことで

疲労や故障は

どうしてもつきものになると思います。


私は

疲労がたまったら

思い切ってトレーニングを休む

外を1時間くらいかけて散歩したりしますが

大会は待ってくれないので

少々の故障や疲労は

大会まで辛抱するのが

現状ではないでしょうか。


筋肉には

筋膜という薄い膜が

ウェットスーツのように

体全体に張り巡らされているのですが

この筋膜が

姿勢や生活習慣の影響で

からまったり

くっついてしまうことがあります。


どうやらこれが

コリや痛みの原因のひとつに

なっているようです。


私は

3月から減量していますが

背中のハリがなかなかとれず

困っていたのですが‥

背中のハリの原因となっている

筋膜をリリース(解放)する

なかなかいいアイテムを見つけたので

ご紹介します。


それは

こちらのMB2マッサージボールです↓ ↓ ↓




使用方法は簡単で

コリやハリを感じるところに

乗ってリラックスするだけ!




リラックスして待つこと3分。


ハリを感じていた背中が

じんわりポカポカして

いい感じにほぐれていきます。




バリエーションとして

左右に体を傾けると

より強い刺激がはいります。








グゥーっと 背伸びをすると‥






効くー ー ♪( ´▽`)




MB2マッサージボールを

試してみたい方は

お気軽にお問い合わせくださいね ^_^




では最後に

お待ちかねの川柳です。




筋膜が

コリ固まったら

乗ってみる



筋トレ後

MB2が

クセになる




最後まで

自分を信じて

頑張ろう!





by くさか
  続きを読む


Posted by くさか接骨院 at 07:49健康

2019年02月28日

運動が苦手な方が体力をつけるには

おはようございます。


先日

運動が苦手な方に

「体力をつけたいけど、何から始めたらいいのか

よくわからない。。」

という相談があり

そのことについて書きます。


ひとことに体力をつけるといっても

何から始めれば良いのか

目的がハッキリしない限り

なかなか運動を始めるのは

億劫だと思います。


その目的を見つけるためには

体力をいくつかに分けて

これだったら出来そう!

という目標を見つけると良いと思います。



体力には‥


パワー :おおきな運動エネルギーを出せる

スピード:素早く体を動かすことができる

持久力:長時間の運動に耐えられる

柔軟性:関節や筋肉が柔らかく十分な可動域を持っている

巧緻性(こうちせい):目的に即した動きを上手にできる(反射神経など)


の5つがあります。


運動不足や老化により

これらが衰えていき

日常生活のなかで

ふとした時に衰えを感じると

ガッカリすることも多いですが←そうそう(涙)

ガッカリしていてもしょうがないので

まずは

どれかひとつに絞り

取り組んでみることです。


たとえば

柔軟性を高めるのにストレッチをしたり

持久力を高めるのにウオーキングを

始めるのも良いと思います。←もう3月だし


そして

体力をつけるのに

最も大切なことは

筋肉に仕事をしてもらうことです。


そこで今回は

体力に自信のない方でも出来る

姿勢を良くする

体幹エクササイズ
をご紹介します。


それは

「おはようございます」と

お辞儀をしている様から

グッドモーニングという

ネーミングのエクササイズです。


その

やり方ですが‥





まずは

椅子に深く腰掛けたら両手を頭の後ろに当て

そのまま背筋を伸ばして

背筋を伸ばしたままゆっくり息を吐き

上体を5秒かけて倒してください。



その後

息を吸いながら3秒かけて元の位置まで

戻します。



それを

10回を3セット目安に行うと良いですが

背中や肩がポカポカする程度までやればOKなので

疲れたらそこで終わりで大丈夫です ^_^


体力に衰えを感じている方。


自宅や職場でも出来ますし

継続することで姿勢も良くなるので

空いた時間に行ってみてくださいね。


あと

①首や背中を丸めないこと

②肘を横にしっかりはること

を動作中は常に意識してください。




では最後に

お待ちかねの川柳です。





筋トレは

苦手なひとほど

効果出る (゚o゚;;




筋トレは

やった数だけ

ためになる _φ( ̄ー ̄ )





筋トレが

嫌よ嫌よも

好きのうち ( ̄▽ ̄;)


by くさか
  続きを読む


Posted by くさか接骨院 at 08:55健康

2018年11月08日

インフルエンザ予防には‥

おはようございます。


先日

お客様と

「そろそろインフルエンザが流行する季節になるね〜。日下さんは毎年予防接種はするの?」

という会話になり

そのことについて書きます。


私は予防接種はしません。


その理由は‥


予防接種をしたら

その日は

トレーニングが出来なくなるから

です。←休み〜た〜くは♪ ない〜 T BOLAN風←若い子にはわからんやろね




軽くスベったところで

本題に戻します(汗)


私は

予防接種はしませんが予防はします。


私のインフルエンザの予防法は

3つありますが‥


①手洗い


②うがい


そして

③ビタミンDの摂取です。



ビタミンDは

骨の形成と成長を促すことが主な役割ですが

そのほかに

免疫機能とも深く関わっています。


ビタミンDは経口摂取以外にも

日光浴でつくられますが

冬場は夏より

日照時間が短くなることにより

体内のビタミンDレベルが下がり

結果として

免疫機能も下がってしまいます。


つまり

冬場はビタミンDが不足しやすくなる

ということです。


2017年4月13日付の

毎日新聞によると

ビタミンDを継続的にとると

肺炎やインフルエンザなどの

感染症の発症を2割減らせることが

東京慈恵会医科大などの

国際共同研究チームの

大規模なデータ解析で分かりました。


さらには

血中のビタミンDが欠乏している人が

ビタミンDをとると

発症が7割も減ったそうです。


気になるのは

ビタミンDを1日に

どれくらいを目安に摂ったらよいか?

ということですが‥


1日あたりの摂取目安量は

15μgなのですが

上限量は100μgとなっているので
(100μgはIUに変換すると4000IU)


私は上限の

4000IU (2000IUを朝晩の食後)を

サプリメントで摂っています。


ビタミンDは

筋肉の成長にも貢献していて

筋肉にはビタミンDのレセプターがあり

このレセプターに

ビタミンDが結合することで

筋肉中のタンパク質合成を

促進させるようです。



インフルエンザ予防には

うがいと

手洗いと

そしてビタミンD。


どうぞ

お試しください。



では


お待ちかねの川柳です。




この冬は

ビタミンDが

役に立つ





インフルに

うがい、手洗い

ビタミンD





筋肉を

つけるときにも

ビタミンD





byくさか




ビタミンDが多く含まれる食材は

青魚や鰻、しらす干しやキクラゲなどです。


  続きを読む


Posted by くさか接骨院 at 05:04健康

2017年07月05日

筋トレって辛いだけ⁈

おはようございます。


先日

同じジムに通っている

中学時代の同級生が

私と風呂で会った時に

「最近 ジムに来ても 風呂だけやな〜。」

と話かけてきたので

「5分だけでも筋トレしたら?」

と伝えたら

「筋トレって辛いだけじゃない?オレは体質的に筋肉つかんから。。」

と言っていたので

そのことについて書きます。


筋トレは辛い。

それは認めます。


しかし

だけ ってことはありません。


例えば

野球やゴルフが

ボールを打つだけではない

ですよね。


私の経験上

人の身体は

環境によって 変化するので

ゆる〜い環境 (ゆる〜い生活) だと

ゆる〜い身体になるし

筋トレによって

辛い環境が与えられると

その辛さに耐えうる

身体に徐々に変化していくのです。


おそらく

筋トレは辛いだけって

感じている人の多くは

自分の身体に

変化が出てくるのに時間がかかる
のが

待ちきれないだけ

なのかもしれませんね。


このあいだ

グッドモーニングという

テレビ番組のなかで

筋肉を鍛えれば

マイオカインという物質が

筋肉から分泌されて

それが

夢の万能ホルモンとして注目されている

という内容の放送がありました。



マイオカインとは

ひとつのホルモンではなく

筋肉から出るホルモンの総称で

現在 30種類程が知られているそうです。


このマイオカインが

なぜ注目されているかというと

大腸がん、糖尿病、動脈硬化、

認知症など様々な病気の予防


期待されているから。


マイオカインの働きが

完全に解明されれば

健康寿命が延び

医療費の大幅な削減にもつながる

可能性があるそうです。


その

マイオカインの分泌を増やす方法は

筋肉を鍛え

筋肉量を増やすことが有効
だと

考えられています。


番組のなかで

筋肉を鍛えるだけではなく

筋トレの後に

牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの

乳製品(乳たんぱく質)を

摂ることも勧めていましたが


私は

筋トレの後に

ホエイプロテインを飲むことを

オススメします。


そして

小さな筋肉を鍛えるよりも

太ももなどの大きな筋肉を鍛えるのが

マイオカインの分泌に効果的なようです。




筋トレは辛いだけって

思っているかたは

日常生活の中で早歩きだけでも意識

してみてはいかがでしょうか。


では

お待ちかねの川柳です。



体重計〜

今更乗るのは〜

怖過ぎる ( ̄▽ ̄;)




では もう一句 ♪



割れてこない w

僕の腹筋 〜

シャイなのね (๑˃̵ᴗ˂̵)




では 〆の一句 ♪



ダイエット

あらゆることが〜

自分次第 _φ( ̄ー ̄ )


by くさか  続きを読む


Posted by くさか接骨院 at 05:45健康トレーニング

2017年06月28日

ヤセる必要はありません(ダイエットVol.156)

おはようございます。


先日

アラフォーの運動が苦手な方から

「もうすぐ夏だから いまダイエット中で、ちょっとヤセたのはいいんだけど、最近リバウンド気味で‥(涙) しかも体力がなくなった。。」


という相談があり

そのことについて書きます。


私の個人的な意見ですが

体重別の大会に出る人か

医師から減量を指導されている人

以外は

無理にヤセる必要はありません。



ダイエットがうまくいかないと

落ち込む気持ちはわかりますが

人間以外の動物で

ヤセなくて落ち込んでいる

動物はいますか?



想像してみて下さい。



50歳の自分。


60歳の自分。


70歳の自分。


そして

80歳の自分を想像してみてください。


ヤセれなかったことを

後悔すると思いますか?


80歳の自分を想像したとき

後悔するとしたら

ヤセなかったことよりも

運動習慣をつけなかったこと


体力、筋力の衰えを

強く感じたときではないでしょうか。


水や空気と同じように

体力、筋力があるときは

その ありがたみが

分からないのかもしれませんね。


それと

リバウンドについてですが

ホメオスタシス(内部環境の恒常性)

により

短期ダイエットなど

急激なダイエットをすれば

リバウンドは必ず起こります。



暑い→ホメオスタシス起動→汗をかく


寒い→ホメオスタシス起動→ガタガタ震える


と同じように



食べないダイエット→ホメオスタシス起動→結局は キレて食べ過ぎ リバウンド



今からでも遅くはありません。



元気な自分になるためのプランを

もう一度

立ててみてはいかがでしょうか。





運動習慣がなければ
30代をすぎれば
毎年筋肉が1%ずつ減っていきます。





体力、筋力の向上には
たんぱく質と亜鉛が大切です。

とくに
アルコールを飲む人は
たんぱく質や亜鉛が
不足がちになるようです。


では

お待ちかねの川柳をどうぞ。




リバウンド w


今回


いったい


何回目? ( ̄▽ ̄)




ではもう一句。



リバウンド w


私は


名付けて


リバウンダー (T_T)




さらに もう一句。



言いわけを〜


すれば


するほど


リバウンド ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘




最後に〆の一句。



リバウンド w


上下に


はずむ


お肉ちゃん ♪







byくさか  続きを読む


Posted by くさか接骨院 at 05:51健康

2017年03月15日

ポッコリお腹から健康バディへの道(ダイエットVol.144)

おはようございます。


先日

運動経験の少ない

ポッコリお腹が気になっている友人に

「無理にやせるんじゃなくて健康バディを目指すことにしてん。それで筋トレを始めようと思って。ただ、どこのジムが自分に合っているか よく分からなくて、、」

という相談があり

そのことについて書きます。


どこのジムが良いか

確かに最初 迷いますよね〜。


参考までにですが

昔、運動不足だったころの私が

いま通っているジムに決めた

1番の理由は

ボディビルチャンピオンが

所属しているジムだということを知って

当時 憧れて入会しました。


しかも

そのチャンピオンは

入会したての私に

優しくアドバイスしてくださり

トレーニングが俄然 やる気になったのを

いまでも覚えています。


でも‥

ジム選びもそうなんですけど

ひとは

迷ってしまうと

得をするより

損をしたくないという心理が

強くはたらいてしまうんです。


今度こそ!って決意しても

迷っているうちに

筋トレでケガをしたらどうしようとか

ダイエットしても

リバウンドしたら‥とか

三日坊主で終わってしまうんじゃないか

さらには

ダイエットにかかった

お金が無駄になるんじゃないかな?

といったリスクばかり

考えてしまいます。


話は変わりますが

最近

私の娘が

鉄ぼうを練習していて落下し

おでこから出血して

5針縫う

という出来事がありました。


ところが

今では

みるみる上達して

鉄ぼうが大好きで

得意になっています。


私がお伝えしたいことは

ひとは

失敗を経験しながら学んで

成功していく
ということです。


だから

身体を変えたいという

気持ちがあれば

どこのジムに行っても

絶対ヤレると思います。


仮にうまくいかなくても

私の娘の

鉄ぼうみたいに

自分のペースで

コツコツ練習して

成功に繋げていけばいい
のです。


そして

確実に結果に繋げたいのであれば

ぼんやりとした願望ではなく

なるべく明確な目標を立てること

をオススメします。


願望は実現しにくいにいですが

目標は実現させることができます。


はっきり目標を決めて

それに向かっていくことは

たいへんですが

やりがいがあって

なかなか楽しいですよ ᕦ(^_^)ᕤ



【筋トレの やる気スイッチの入れ方】

私の経験上
何かショックな出来事があったとき
もしくは
明確な目標ができたときに
やる気スイッチが入ります。

ブログを書いていて
思い出しましたが
昔、素敵な女性と食事をしていて
そのひとに
タイプの男性を聞いたら
「女性は みんなガッチリした男性が好きよ。」
って言われ
その気になってウキウキしてたら
「でも‥日下さんはガッチリというより
太ってますよ。」
とハッキリ言われ
マジで凹みました(涙)

まぁ 確かに
当時は腹周り110㎝で体脂肪率が40%超えていましたからね。

しかも座ると
お腹のお肉でベルトが外側に押し出されグリンって必ずなってましたし(涙)

でも
その経験があったから
いまの私があるんですけどね。

〜終〜




  続きを読む


Posted by くさか接骨院 at 04:45健康

2017年01月18日

歳のせいか‥

おはようございます。


先日

久しぶりに会ったジムの仲間に

「そろそろ 筋トレ再開せんの?」

と私が聞いたら

「最近、歳のせいか 疲れが取れん、、
筋トレしたいけど なかなか。。」

と言っていたので

そのことに

ついて書きます。


以前

録画しておいた

テレビ番組のなかで

疲れがなかなか取れない原因は

副腎の機能が落ちてしまっている


可能性がある

と放送されていました。





副腎とは

腎臓の上にあり

5g程度しかない小さな臓器ですが

50種類ものホルモンを作り出し

重要な

役割を果たしています。



副腎から分泌される

ホルモンのなかで

DHEAというホルモンが

疲労物質を除去して

疲れの元を断ってくれます。



DHEAの分泌は

加齢により減少し

20代がピークで

40代で約50%

60代では30%程度まで

減少してしまいます。


つまり

DHEAの分泌量が減ってくることで

疲れがなかなか取れなくなる
のです。


それの

対策ですが

ビタミンCを継続して摂ること

副腎が

元気になり

DHEAの分泌量を

増やしていくことが出来ます。





DHEAは

何歳からでも増やすことができ

疲労をとるだけでなはく

身体に様々な良い影響があるようです。



私は
夜 寝る前に
ビタミンCをしっかり摂ったら
ぐっすり眠れました ♪

お疲れ気味の方
どうぞ
お試しください (^_^)








  続きを読む


Posted by くさか接骨院 at 05:55健康

2016年12月12日

健康診断で効果を実感!

おはようございます。


先日

くさか接骨院で

パーソナルトレーニングを

受けているお客様が

健康診断の結果を

持参してくださったので

紹介します。


※診断結果をブログに投稿することを
本人より了解を得ております。


今回ご紹介する

お客様は

30代後半の男性で

日頃の不摂生により

腹囲がどんどん増え、

会社の健康診断が近づいてきたのが

きっかけになり

当院に1年半前より

通われている方です。


取り組んできた内容ですが

麺、パン、米を控える程度の

糖質制限(カロリー制限は無し)と


週に1回 くさか接骨院での

パーソナルトレーニング、

そして自宅での

自重トレ(腕立て伏せや腹筋運動など)

を週1回 継続なさっています。


1年半かけての

体重と腹囲の変化ですが



体重が
92.8kg➡︎85.5kg➡︎79.2kgで
トータル13.6kg減

腹囲が
105.5cm➡︎97.5cm➡︎89.0cmで
トータル16.5cm減



中性脂肪が
171➡︎67➡︎56に下がり

そしてHDLコレステロールが上がり

LDLコレステロールが下がる結果に。


しかも肝機能が

GOT 27➡︎14➡︎10
GPT 62➡︎19➡︎11
γGTP 108➡︎38➡︎23

と大幅に改善し

脂肪肝により要受診だったのが

経過観察に。


ここまで

成果が出たのは本当に素晴らしい。


糖質制限も

断糖というわけではなく

ゆるめで継続して

パーソナルトレーニングを

受けたことにより

相乗効果が出たのだと思います。


健康によいことを積み重ね

ダイエットを成功させる。


ただ単に痩せるのではなく

カッコイイ身体に進化
させる。


そんな意志が

お客様から伝わってきました。


現在も

ゆる〜い糖質制限と

パーソナルトレーニング、

そして自宅トレを

継続なさっており

さらなる進化が楽しみです。


体脂肪計の体脂肪率に

こだわらず

鏡に映った

自身の身体がカッコよくなり

健康診断の結果が改善
していく。


ダイエットの本質は

ここにあるのではないでしょうか。


2017年は

みなさんも健康でカッコイイ身体を

目指してみませんか ᕦ( ◠‿◠ )ᕤ



ところで話が変わりますが、

先日
私が以前 勤務していた
病院の後輩が
私のパーソナルトレーニングを
受けに来てくれました。

もの凄く深い眠り
程よく気持ちの良い筋肉痛
今朝は体調も良く、最幸です♫

という感想を翌日メールで
いただき
私もうれしかったです。

パーソナルトレーニング後に
後輩とツーショットをパシャり

彼の今後の成長が
とっても楽しみです ٩(^‿^)۶



  続きを読む


Posted by くさか接骨院 at 06:08健康お客様の声

2016年11月30日

過食やアルコール依存からの脱却(ダイエットVol.134)

おはようございます。


先日

ジムの仲間とサウナで雑談をしていたら

「最近、飲み会続きで腹周りがヤバい。
しかも 分かってはいるけど、毎晩アルコールを飲み過ぎてしまうし、お菓子もついつい食べてしまう。。日下さんは晩酌とかしないの?」

という相談があり

そのことについて書きます。


じつは

私も7〜8年前まで

毎日

ビールやワイン、日本酒などを

仕事を終えてから寝るまでの間

ずっと飲んでいました。


しかも

毎日 お菓子を2000円分も

食べていました。


当時の私は運動習慣もなく

まるまるとしていました。

画質が粗くてスミマセン(腹囲110㎝、体重105kg、29歳頃)


この頃の私は

お菓子(糖質)と

アルコールの依存症でした。


このままだと

身体に良くないということは

百も承知でしたが

自分を変えることはできませんでした。


毎日アルコールを飲んでは

ブラックアウト(アルコールの飲み過ぎで海馬が麻痺して記憶ができなくなる状態)

をおこし、

アルコールを我慢すると

イライラして

不穏な気持ちになり

なかなか眠れないことも‥。


結果

アルコールを飲んでも

飲まなくても

どっちにしても身体がツライ状態に


せめて

身体のためにと思って

ジムにも通い

トレーニングを始めましたが

なかなか毎日のアルコールや

お菓子の食べ放題状態は

変わりませんでした。


ですが

それらを断ち切る転機が

訪れました。


トレーニングだけは

コツコツ真面目に続けていたので

友人の勧めもあり

38歳のときに

ボディビルコンテストに

出場することを

決意したのです。


コンテストに出場するとなれば

お菓子やアルコールを

控えるしかありません。


ここだけの話

この体型のままだと

生命保険に入れなかった

というのも

ダイエットの理由のひとつです。


しかし

急にひとは

変われるものではありません。


減量が辛すぎて

お菓子やお酒を投げつけてやろうと

思った時もありました。


良い子はそんなことしないでね。


そして

私の経験上

過食をしたり

何かに依存してしまう方は

ひとつのことに熱中し過ぎてしまう癖

があるように思います。


つまり

飲んだり食べたりすることに

熱中し過ぎてしまう
のです。

なので

熱中し過ぎないように

ほかに

趣味を見つけ

仲間を作り楽しむこと


依存した状態から抜け出せる

きっかけになると思います。


私は完全にお酒を

やめたわけではありませんが

飲み始めると

自身のリミッターが外れ

飲み過ぎるのが怖いこともあり

晩酌はやめることにしました。


でも大会後や忘新年会など

節目には

今でも飲みます ᕦ(//∇//)ᕤ


最後に

私が一番お伝えしたいことは

健康的な生活の中での不摂生は

楽しめますが、

毎日が不摂生な生活では

健康作りは辛いだけなのです。



現在の私。


これから寒い日が続きます。

どうぞご自愛ください。  続きを読む


Posted by くさか接骨院 at 05:35健康