› マッスルくさかのちょっこしイイ話|くさか接骨院 院長のブログ › ダイエット › 健康 › 過食やアルコール依存からの脱却(ダイエットVol.134)

2016年11月30日

過食やアルコール依存からの脱却(ダイエットVol.134)

おはようございます。


先日

ジムの仲間とサウナで雑談をしていたら

「最近、飲み会続きで腹周りがヤバい。
しかも 分かってはいるけど、毎晩アルコールを飲み過ぎてしまうし、お菓子もついつい食べてしまう。。日下さんは晩酌とかしないの?」

という相談があり

そのことについて書きます。


じつは

私も7〜8年前まで

毎日

ビールやワイン、日本酒などを

仕事を終えてから寝るまでの間

ずっと飲んでいました。


しかも

毎日 お菓子を2000円分も

食べていました。


当時の私は運動習慣もなく

まるまるとしていました。

画質が粗くてスミマセン(腹囲110㎝、体重105kg、29歳頃)


この頃の私は

お菓子(糖質)と

アルコールの依存症でした。


このままだと

身体に良くないということは

百も承知でしたが

自分を変えることはできませんでした。


毎日アルコールを飲んでは

ブラックアウト(アルコールの飲み過ぎで海馬が麻痺して記憶ができなくなる状態)

をおこし、

アルコールを我慢すると

イライラして

不穏な気持ちになり

なかなか眠れないことも‥。


結果

アルコールを飲んでも

飲まなくても

どっちにしても身体がツライ状態に


せめて

身体のためにと思って

ジムにも通い

トレーニングを始めましたが

なかなか毎日のアルコールや

お菓子の食べ放題状態は

変わりませんでした。


ですが

それらを断ち切る転機が

訪れました。


トレーニングだけは

コツコツ真面目に続けていたので

友人の勧めもあり

38歳のときに

ボディビルコンテストに

出場することを

決意したのです。


コンテストに出場するとなれば

お菓子やアルコールを

控えるしかありません。


ここだけの話

この体型のままだと

生命保険に入れなかった

というのも

ダイエットの理由のひとつです。


しかし

急にひとは

変われるものではありません。


減量が辛すぎて

お菓子やお酒を投げつけてやろうと

思った時もありました。


良い子はそんなことしないでね。


そして

私の経験上

過食をしたり

何かに依存してしまう方は

ひとつのことに熱中し過ぎてしまう癖

があるように思います。


つまり

飲んだり食べたりすることに

熱中し過ぎてしまう
のです。

なので

熱中し過ぎないように

ほかに

趣味を見つけ

仲間を作り楽しむこと


依存した状態から抜け出せる

きっかけになると思います。


私は完全にお酒を

やめたわけではありませんが

飲み始めると

自身のリミッターが外れ

飲み過ぎるのが怖いこともあり

晩酌はやめることにしました。


でも大会後や忘新年会など

節目には

今でも飲みます ᕦ(//∇//)ᕤ


最後に

私が一番お伝えしたいことは

健康的な生活の中での不摂生は

楽しめますが、

毎日が不摂生な生活では

健康作りは辛いだけなのです。



現在の私。


これから寒い日が続きます。

どうぞご自愛ください。

http://www.kusaka-web.com

同じカテゴリー(ダイエット)の記事画像
リバウンドするのなら‥(ダイエットVol.185)
ダイエット中に口が寂しくなったら(ダイエットVol.184)
下っ腹をなんとかしたい!(ダイエットVol.183)
減量中の最後のひと絞り(ダイエットVol.182)
なかなか下がらない体脂肪率(ダイエットVol.181)
ダイエット中にオススメのアミノ酸(ダイエットVol.180)
同じカテゴリー(ダイエット)の記事
 リバウンドするのなら‥(ダイエットVol.185) (2018-09-13 04:38)
 ダイエット中に口が寂しくなったら(ダイエットVol.184) (2018-09-05 05:48)
 下っ腹をなんとかしたい!(ダイエットVol.183) (2018-08-23 05:01)
 減量中の最後のひと絞り(ダイエットVol.182) (2018-07-12 05:13)
 なかなか下がらない体脂肪率(ダイエットVol.181) (2018-07-05 05:01)
 ダイエット中にオススメのアミノ酸(ダイエットVol.180) (2018-06-20 05:53)

Posted by くさか接骨院 at 05:35 │ダイエット健康

削除
過食やアルコール依存からの脱却(ダイエットVol.134)